顔,産毛
顔の産毛が濃くて悩んでいませんか?

剃っても抜いても生えてくる、
ヒゲのような産毛が気になった人も多いはず。

眉毛はいつの間にかつながっていたり、
アゴの産毛が濃くなっていて、
「男性化してるかも?」と心配になった方もいるのでは?

毛の濃さが気になる人だけでなく、
顔の産毛を処理すると、メイクのノリがよくなるので、
定期的に産毛を処理している人も多いと思います。

でも、顔はデリケートな場所なので、
処理をするときには注意して行いましょう。

剃るかパックか抑毛か…一体どれがいいの?

顔の産毛処理にはいくつかの方法があります。

それぞれの処理方法にはメリット・デメリットがあるので、
自分に合った方法を試してみると良いでしょう。

カミソリやシェーバーで剃る

顔用のカミソリで剃る方法は、一般的な処理方法でしょう。
女性でも一度は経験したことがあると思います。

ただ、剃るのは手軽に出来る反面、
カミソリの刃が肌に当たるので、肌トラブルを起こす可能性も。

カミソリで剃ることで肌の角質まで取ってしまったり、
削られた傷から雑菌が入り込んで炎症を起こすこともあります。

ニキビ肌や乾燥肌の人は、さらにダメージを受けやすいので、
処理に注意が必要です。

電気シェーバーは肌を傷つけないよう考えられているので、
カミソリほどのリスクはありません。

とはいえ、毛を剃るときに多少なりとも刺激はあるもの。
乾燥を起こす可能性は十分あります。

何回も、何年も使い続けていると、
ダメージは蓄積されていくので注意は必要でしょう。

手軽に使えることやメイクの上からでも使えるのは、
メリットですね。

パック・ワックス

剃るのと違ってパックタイプの除毛剤は、
パックに吸着して引き抜くので、多少痛みがあります。

刃を使わない代わりに、毛が抜けるほど吸着するので、
肌へのダメージはあります。

産毛がよく取れるタイプであればあるほど、
よく吸着する=肌に負担がかかるということになります。

皮脂や角質も取ってしまうので、
乾燥肌の人は乾燥が進む可能性も高いです。

パックやワックスを使う場合は、
ケア後の保湿を十分に行う必要があるでしょう。

また、メリットとしては、
毛穴近くまでパックが吸着するので、
毛穴の角柱も一緒に取れるのが良いですね。

抑毛剤

抑毛剤は塗リ続けることで、毛が生えるのを遅らせたり
生えてくる毛を細く薄くすることができます。

ただ、剃ったり抜いたりするのと違って、
毛が無くなるわけではありません。

毛が目立たなくなるのが抑毛剤です。

抑毛剤のメリットは、肌に優しいものが多いこと。

乾燥肌や敏感肌、ニキビ肌など、
デリケートな肌にも使えるものがほとんどです。

また、化粧水のように塗るだけでよいので、
お手入れが簡単なのもメリットです。

一方、抑毛剤は塗り続けて効果を浸透させるため、
即効性がありません。

効果が出てくるまでに時間がかかるので、
それまでは剃ったり抜いたりといった処理と
平行して行う時期がでてくるでしょう。

お肌へのダメージを一番に考える人にとっては、
抑毛剤が一番安心できる処理方法と言えるでしょう。

顔のうぶ毛は自己処理しすぎは危険?!

顔の産毛処理を自分で行っている人は多いと思いますが、
自己処理しすぎるのも良くない部分があります。

というのも、産毛を剃ると、切った根元にあった太い毛が
徐々に伸びてくると、切る前よりも濃くなったように見えます。

カミソリで剃ると毛が太く濃くなる、と言われるのは
そのせいです。

また、産毛を切ってしまうことで日焼けしやすくなります。

目視ではあまり見えない産毛ですが、
産毛といえども顔にびっしり生えていますから、
無くしてしまえば、皮膚をガードするものが少なくなります。

すると、肌に紫外線などの有害物質が直接当たるので、
日焼けによるシミ・そばかすなどの問題を起こしやすくなるでしょう。

顔のパーツ別の産毛処理方法

カミソリを使った場合の顔の産毛処理の方法を
ご紹介します。

毛の流れにそって剃ることが基本です。

口周り・アゴ

鼻の下は口を閉じて、鼻の下を伸ばした状態で
鼻から口にかけて、上から下へカミソリで剃ります。

口角にも毛がありますので、手で伸ばしながら
頬から口角に向けて剃りましょう。

口の下の毛はアゴから口に向けて、
下から上へ剃りましょう。

眉毛・眉間

眉は眉の内側の、眉と目の間を剃ると自然です。
眉から目の方に向かって、上から下に剃ります。

眉毛がつながってしまいそうな人は、
人差し指と中指くらいの幅を眉間として、
カミソリかシェーバーで剃りましょう。

指2本分は目安なので、ご自身で調節してください。

おでこ

おでこは髪の生え際から眉の方向に、
上から下へと剃ります。

こめかみも同様に、髪の生え際から目の方に向かって
剃りましょう。

目の下から耳付近は、目の際あたりから、
外側に向かって剃るようにしましょう。

あまりギリギリまで剃らないように。

鼻の際から頬の外側に向かって剃りましょう。

エラ付近は上から下に向かって剃るように。
もみあげ付近の毛は剃らないほうが良いでしょう。