コントロールジェルは子供のムダ毛に効果あり?毛深い子も安心

コントロールジェルme 子供

お子さんから「私って毛深いのかな…?」
と相談されてドキっとしたことはありませんか。

お友達からの他意の言葉だったかもしれませんが、
人に言われると気になり始めてしまうものです。

「気にしなくて大丈夫だよ」と言っても、
正直、見た目に毛が濃いと、いじめの原因にならないかと
心配になることと思います。

お子さんの心を傷つけないよう、ムダ毛のケアをするには
自然にできるムダ毛処理方法が欠かせません。

子供のムダ毛処理方法の種類

子供に安心してできるムダ毛処理の方法としては、
次のような方法が一般的です。

カミソリやシェーバーで剃る

安全カミソリやT字カミソリなど、
カミソリを使って剃る方法が一番手軽な方法でしょう。

剃るのはカミソリ1つで出来ますし、
すぐにムダ毛もなくなるので早くて便利ですが、
お肌を傷める可能性は高いです。

上手く剃れなくて肌に切り傷が出来てしまうかもしれませんし、
肌の表面をなぞることで、表面の皮膚を傷つけてしまいます。

急なときは仕方ないですが、定期的に剃るのはおすすめしません。

できれば極力避けたほうが良い処理方法でしょう。

電動シェーバーはカミソリよりは安全で、
肌への負担も少ないですが、使いすぎると肌にダメージを与えます。

手軽な方法の中では一番おすすめですが、
剃っても生えてくるサイクルが早いので、
小まめなお手入れが必要になってくるでしょう。

抑毛剤

毛の生えるスピードを遅くする抑毛ローションは
肌への負担が一番少ないのでオススメです。

ただ、毛を無くすわけではないので、
脱毛したいお子さんには向かないでしょう。

また、抑毛剤は塗ってすぐに毛が生えにくくなったり
薄くなったりするわけではないので、
今すぐ処理したいときには向きません。

長い目で見て、ムダ毛を気にならなくするには
安全で自然な良い方法です。

子供に向かないムダ毛処理方法

脱毛する方法のほとんどは、子供には向きません。

脱毛クリームやワックスなどは、薬剤が肌を傷めますし
貼ってはがすときにお肌を傷めます。

毛抜で抜いたり、家庭用脱毛器で毛を抜くのも、
何度も行うと毛根やその周辺にダメージを与えるので、
よくありません。

ずっと抜き続けていると、大人になったときに
より毛が濃くなってしまう可能性もあります。

最近は子供でもできる脱毛サロンが増えていますが、
手法によっては良くない方法もあります。

特に小学生や中学生はサロン脱毛は
やめておいたほうがいいでしょう。

理由は後ほどお話しますが、今はキレイになったとしても、
思春期から大人になったときに影響が出るかもしれません。

子供のムダ毛を目立たなくするには、
剃る方法か抑毛剤を使う方法をおすすめします。

コントロールジェルを子供に使うメリットデメリット

子供に使うメリット

  • 肌に優しい
  • 痛みや刺激がない
  • 美容成分で肌がキレイになる
  • 塗るだけで簡単
  • 子供の毛は細めなので効果が出やすい

など、このようなメリットがあります。

子供に使うものなので、安全で安心なものであって欲しいですよね。
安心・安全という面では、コントロールジェルはとてもオススメです。

また、子供のムダ毛は大人と比べて細めなので、
薄くなる効果も感じやすいでしょう。

ただ、一方で成長期のお子さんは、
毛の生える周期も一定しません。

生えたり伸びが止まったりと安定しないので、
その結果、効果を感じにくい可能性もあります。

子供に「効果があった」という人と、
「効果がなかった」という人に分かれるのも、
そういった個人差や成長期特有の要因があるからでしょう。

基本的には、子供のムダ毛には
コントロールジェルがオススメです。

子供に使うデメリット

  • 値段が高い
  • 即効性がない
  • 成長期の子供は効果が安定しない

ローションも安くはない上に、
すぐにムダ毛が無くなるわけではないのは残念なところ。

数ヶ月使い続けてやっと効果を感じ始める人が多いので、
即効性を求める人には向いていません。

ムダ毛ってだいたい「今すぐ」なんとかしたいものなので、
すぐに効けば、これ以上なく最高なんですけどね…。

今すぐなんとかしたいなら、
剃るか脱毛サロンなどを検討したほうがいいでしょう。

子供が使いたがるための方法とは

いざ、コントロールジェルを使おうと思っても、
お子さんが使いたがらなかったり、塗られるのを嫌がるなら
長くは続けられません;;

子供が自分から喜んで使いたくなるような工夫をすることで、
抑毛剤を長期に渡って小まめに使えるようになって
抑毛効果も上がって行きます。

オススメなのは、親子で使うこと。

娘さんはお母さんのような大人の真似をしたいもの。

その特性を活かして、「お母さんと一緒にお化粧している」
という感じで一緒に塗るのがおすすめです。

「さあ、一緒にお化粧しようか?」といって娘さんを誘うと
きっと乗り気になってくれると思いますよ。

自分はコントロールジェルを塗らなくても、
「こちらは○○ちゃん専用の化粧水だよ」と言って
プレミア感を出すのもアリです。

親子で一緒に使うことで、毎日上手くぬれているお子さんも
いっぱいいらっしゃいますよ^^

もしもダメなら返金保証もアリ

お子さんへいろいろ試してみてもやっぱりダメだった…
というときも、60日間の返金保証があるので安心です。

開封して使いかけでも大丈夫なので、
お子さんに気に入ってもらえなければ、
返品して返金してもらうこともできます。

幼児の脱毛はキケン!子供脱毛で後悔しないために

最後に、1つだけお子さんの脱毛について
お伝えしておきたいことがあります。

というのも、最近は脱毛する年齢が低年齢化して、
小学生や幼稚園児くらいでも脱毛サロンを利用するようです。

個人的には脱毛サロンに行くのは、
高校生以上になってからにして欲しいなということ。

成長期の子供の毛の生え方は安定しないので、
レーザー治療しても意図せぬ周期でまた生えてきたりして
治療完了まで時間がかかることが多いです。

レーザー治療も刺激があるので、痛みを伴います。

大人でも毎回痛いのに、長期化するとさらにつらい時期も伸びます。

脱毛サロンでの施術は肌ダメージは少なめですが、
それでも大人より肌は傷つきやすいです。

そこまで痛い思いをしてまで脱毛するなら、
抑毛剤でじっくり薄くするのでいいのでは?と思うのです。

また、女の子は月経が始まると毛が薄くなることもあります。

というのも、体毛の濃さは男性ホルモンの働きによりますが、
月経によって女性ホルモンが増えるため、
毛も薄くなっていくことが多いのです。

それに、幼少のころに脱毛したせいで、
思春期以降に毛が濃くなったという人も少なからずいます。

医師によると、女の子は最低でも月経開始から5年以上、
男の子は17歳以上がおすすめとのことでした。

脱毛サロンなどでの脱毛は、幼少から行わず、
ある程度の年齢になってからにしても遅くないと思いますよ。