顔に除毛剤を使っても大丈夫?

額や口周りにフサフサと産毛が生えていると、
どうしても処理しないと目立っちゃいますよね。

かといって市販のカミソリだとうまく剃れないし、
キレイに剃ろうと思ってジョリジョリすると肌荒れする…。

こうなったら除毛クリームで顔の産毛をなくしたい!
そう思っている人もいらっしゃるのではないでしょうか?
除毛クリームなら塗ったところは確実に処理できますもんね。

AさんAさん

正直言って剃るのが面倒なんです。
だからついつい除毛剤を使う人って多いと思います。
私は肌が弱いから使ってませんけど…。

愛莉愛莉

お気持ちお察しします。
確かに剃るの面倒ですからね。
だからって除毛剤はやはりやめておいたほうがいいです。

実は私も経験があります。
毎日こんな風に思っていました。

顔の産毛の悩み

  • おでこが剃りにくいなぁ
  • 鏡で横顔を見るとこめかみにも産毛があるなぁ
  • ほっぺたの毛穴に毛が詰まってるかも?
  • 口周りを剃ると青く見える…
  • まぶたの上は剃りにくい
  • 最近アゴにも太い毛が生えてきた
  • カミソリを使うと必ず赤くなる
  • 顔脱毛したいけどお金ないし…
  • 除毛剤を顔に使ってみようかな
  • 脱毛したいけどお金ないしな…
  • 自宅でできる何かいい方法ないかなー

あなたも同じようなこと思っていませんか?
顔の産毛処理は日々のことなので、
カミソリだと肌が負けてしまって荒れていきますよね。

だから色々試してみたいなーと思って、
除毛クリームを使ってみようかなーって思ったのでは??

ただ、除毛クリームを顔に使っても大丈夫なのか?
一抹の不安を感じて、
このページを訪問してくれたんだとお察しします。

その不安は大体合ってます。^^

やはり除毛クリームを顔に使うのは危険です。
何故危険なのか、他にいい方法がないのか解説します。

除毛クリームとは~顔に使っちゃダメなワケ

顔に除毛剤を使うのは危険なワケ

除毛クリームはその名の通り、
体毛を取り除いてくれるクリームのことです。

この除毛クリームを顔に使っても大丈夫なのか?
ということですがほとんどのものは使わないほうがいいです。

薬局やスーパーで販売されているものは、
ほとんどが顔には使えないものばかりです。
主に腕、足用に作られた商品ですね。

愛莉愛莉

除毛クリームが表面に生えている体毛を除毛できるのは、
成分のチオグリコール酸Caが含まれているからです。

チオグリコール酸Caアルカリ剤ですから、
ちょっとツンとしたニオイがします。
このニオイが苦手だなぁという方もいらっしゃるでしょう。

除毛クリームはニオイがきつい

AさんAさん

そうそう。
なんとも言えないニオイが気になります。

確かに少し独特のニオイがしますもんね。
ただ、ニオイよりNGなのがアルカリ剤の作用です。

私達の体毛は「ケラチン」というタンパク質からできています。
そのタンパク質にチオグリコール酸Caが反応して毛を溶かしますが、
実は皮膚も同じタンパク質なんです。

皮膚を溶かすというと大げさですが、
少なからず影響があるのは否めません。

腕や足に使った時に赤くなりませんでしたか?
少し痒くなったりヒリヒリしたことがあるなら、
それは間違いなく皮膚に影響があるということです。

そんな除毛クリームを顔に使えば、
同じように、いやそれ以上に影響があると言うことです。

夏菜夏菜

ニオイもイヤだけど、
皮膚を溶かすって…。(汗)
だからピリピリするんですね。

愛莉愛莉

夏菜ちゃんも使ったのね。
知るとちょっと怖いでしょ?
気をつけないとダメだよ~!

顔はそれでなくても日々紫外線を浴びてダメージがありますし、
メイクや洗顔を繰り返す刺激を受けている場所です。
皮膚もデリケートなのはご存知の通りです。

ですから顔に除毛クリームを使うというのは、
自ら痛めつけることと同じことになるということです。

怖いですよね…。
以上が顔に使ってはダメな理由です。

AさんAさん

ここ数年で肌に優しいという除毛クリームも販売されていますよね?
そんな商品なら大丈夫な気がするんですけど…。

愛莉愛莉

確かにチオグリコール酸Caの量を少なくしたり、
天然成分や美容成分を配合したもので、
口周りに使えるものが販売されています。

これだといいんじゃない?と思われるでしょうが、
少ないとは言え、やはりチオグリコール酸Caが入っているので、
大丈夫かと言うとどうかなというところですね。^^

そこまでして除毛したいのなら、
脱毛したほうがいいです。(キッパリ)
だけど、そう簡単に脱毛できないのも現実…。

私は若い頃に安易な気持ちで除毛クリームを使いましたが、
それはそれは肌がひどいことになりました。
ほっぺが真っ赤になってヒリヒリ痛かったのを覚えています。

今みたいになんでもネットで調べられる時代ではなかったので、
一か八かで使ってみたんですよねー。おバカでした。

顔の産毛処理はどうすればいい?

顔の除毛でベストな方法は?

ではキレイに処理する方法はないのでしょうか?
以下に自宅でできる基本的な処理方法をピックアップしてみます。

  • カミソリで剃る
  • ピンセットで抜く
  • シェーバーで剃る&抜く
  • 除毛剤(石鹸などを含む)を使う
  • 家庭用脱毛器で脱毛する
  • 抑毛剤を使う

おさらいになりますが、
上記のような方法がありますよね。
それぞれ注意点を書いておきます。

カミソリで剃る

カミソリは種類を選びましょう

ほとんどの女性がカミソリで剃った経験があると思いますが、
副作用としてカミソリ負けによるヒリヒリ感や、
かゆみ、赤み、ニキビなどが出てしまうことがあります。

AさんAさん

カミソリの他に手段がない気がして、
私はジョリジョリ剃っていました。
他になにかいい手段があるといいんですけど…。

愛莉愛莉

そうですよね。
多くの女性がそうだと思います。
簡単ですぐに産毛がなくなりますから。

カミソリを使って処理するときは、
肌荒れしないように気をつけるしかないんですよね。

まず、カミソリを使用する前に、
メイクなどの汚れをキレイに落とし、
清潔にしてから剃るようにしましょうね。

当然カミソリも清潔なもの&敏感肌用のものをチョイスすること、
力を入れすぎないように毛の流れに沿って剃ることです。
保湿もお忘れなく!

ピンセットで抜く

ピンセットで毛を抜くとダメージが大きい

ピンセットを使うのはおすすめできません。
毛穴に負担がかかりますし、
衛生的にもよくありません。

抜いたあとでよくあるのが、
細菌感染して毛のう炎になったり、
何となく毛穴周りが茶色くなることです。

愛莉愛莉

これではムダ毛がなくなったとしても、
肌を出して過ごすことはできませんよね…。
目指すのはハッピーオーラあふれるツヤ肌です!

シェーバーで剃る&抜く

電気シェーバーにも色々あります。
剃るタイプ、抜くタイプ、本格的なものから、
持ち運びできるほどコンパクトなものまで。

使うならパナソニックのフェリエのように、
細かい場所に対応したものがおすすめです。
抜くタイプはおすすめしません。

ちなみに細かい場所に対応したものとは、
刃の幅が狭いもの、振動が細かいものです。^^
また場所によって刃先が交換できるものがベスト!

パナソニックのフェリエ

顔ならこのようなシェーバーがおすすめです。
ボディ用もありますよ!

除毛剤(石鹸などを含む)を使う

前述したように顔に除毛剤を使うのはNGです。

除毛石鹸もありますが、
基本的にアルカリ性のチオグリコール酸が入ったものは、
高い確率で肌荒れしますので気をつけて下さい。

家庭用脱毛器で脱毛する

最近はお手頃価格で販売されていますね。
チャレンジするのはありですが、
熱を加えますので肌に負担がかかります。

どういうことか簡単に説明しますね。
現在販売されている家庭用脱毛器は、
主にフラッシュ式とレーザー式の2つの方式のものです。

脱毛サロンの多くはフラッシュ式、
美容クリニック等で行われているのがレーザー式脱毛です。
この方式を家庭用脱毛器にしたものが販売されています。

もちろん家庭用なのでパワーが違います。^^;

フラッシュ脱毛、レーザー脱毛ともに、
体毛が生えている場所に照射し、
光の熱により毛母細胞にダメージを与えます。

光は黒いものに、より反応するという特徴があり、
体毛などの黒色に集中的に熱を加えます。

愛莉愛莉

両者の違いは「波長」です。
大雑把に言うと「幅広く」照射するのがフラッシュで、
「集中的に」照射するのがレーザーです。

細かく言えば、もっと色々あるのですが、
ここではこのくらいにしておきます。^^

家庭用脱毛器も同じような感覚です。
どちらも熱エネルギーで脱毛しますので、
肌が弱い部位への照射は考えたほうがいいでしょう。

抑毛剤を使う

抑毛剤は除毛剤ほど即効性はありませんが、
長期間使うことで徐々に毛を細くすることが可能です。

以上が私達が自宅で行っている処理方法と注意点です。

愛莉愛莉

私の経験上、これらの中で一番肌に優しい
顔の除毛方法は抑毛剤を使う処理方法です。

抑毛剤について詳しく説明するよ!

抑毛剤とは

最終的には脱毛が一番の解決法になりますが、
そこまでは…という方におすすめなのが抑毛剤です。

除毛剤は先程説明した通り、
強いアルカリ成分で体毛を溶かすものです。

抑毛剤は毛を溶かすのではなく、
体毛を生えにくくしていくもの。

主な成分としてはイソフラボンが有名ですね。
体毛は男性ホルモンが増えると濃くなるので、
女性ホルモンに似ている作用があるイソフラボンが有効。

抑毛剤は成分が毛根などに作用して、
ムダ毛を細くしたり生えるスピードを遅くします。

メリットとしては肌に優しいので敏感肌の方でも使えること、
デリケートな部位(顔やデリケートゾーン)にも使用可能なことです。

デメリットとしては、すぐに効果が出ないことです。
使い続けることでじわじわと体毛が生えにくくなるものなので、
根気よく続けていくことがポイントです。

抑毛剤にはどんな商品がある?

抑毛剤の商品

では抑毛剤にはどのような商品があるのでしょうか?
私が調べたところいくつか見つけることができましたが、
すべて通販での販売です。

通販で人気を二分している商品は、
パイナップル豆乳ローションとコントロールジェルmeです。
それぞれ調べてみました。

パイナップル豆乳ローション

パイナップル豆乳ローションは、
その名の通りパイナップルエキスと、
豆乳(イソフラボンエキス)がメインの化粧水です。

  • 内容量  100ml
  • 価格   3本定期コース 5,400円(税込)
  • 返金保証 30日間全額返金保証

全成分

エタノールダイズ種子エキスマンダリンオレンジ果皮エキス、豆乳発酵液、イリス根エキス、テトラヒドロピペリン、パイナップル果実エキス、ザクロ果皮エキス、パパイン、カルボマー、アルギン酸Na、BG、ペンチレングリコール、メチルパラベン

コントロールジェルme

コントロールジェルmeは、
肌の弱い人でも使える抑毛ローションです。

  • 内容量  150ml
  • 価格   初回限定1本 5,300円
  • 返金保証 60日間全額返金保証

全成分


、イソペンチルジオール、グリセリン、センチフォリアバラ花水、
カラギーナン、BGダイズ種子エキス、ヒオウギエキス、アマチャエキス、ザクロ果皮エキス、ヒアルロン酸Na、ウンカリアトメントサエキス、ペルベチアカナリクラタエキス、マルチトール、アラントイン、
グリチルリチン酸2K、エタノール、アロエベラ葉エキス、イチョウ葉エキス、ホップ花エキス、ローズマリー葉エキス、マグワ根皮エキス、オウゴン根エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ゴボウ根エキス、ローマカミツレ花エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、
サボンソウ葉エキス、セージ葉エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、レモン果実エキス、パパイン、マルトデキストリン、マンダリンオレンジ果皮エキス、ローヤルゼリーエキス、ブッチャーブルーム根エキス、アルニカ花エキス、チャ葉エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、ヒバマタエキス、スギナエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、クズ根エキス、フユボダイジュ花エキス、パリエタリアエキス、キュウリ果実エキス、ゼニアオイ花エキス、セイヨウニワトコ花エキス、クロレラエキス、メチルパラベン、孔雀石抽出物

※わかりやすいように同じ成分にラインを引いてみました。

AさんAさん

お値段的にはパイナップル豆乳ローションですね。
敏感肌でも大丈夫なのかな?
その辺はどうなんでしょうか?

愛莉愛莉

そこですよね!
どちらも除毛クリームと比較すると刺激は少ないです。
強いて言うなら。。。という点を書いておきますね。

コントロールジェルかパイナップル豆乳ローションか?

どちらも抑毛剤として人気が高く売れている商品です。
敏感肌の人が使うならどっち?というAさんのご質問ですが、
コントロールジェルmeがおすすめです。

夏菜夏菜

おっと、ここはちゃんと聞いておかねば!(笑)
とっても大事なことですよね。
ただ「いいから」だけでは説得力がないもん!

愛莉愛莉

夏菜ちゃんはしっかり者だね!
私も理由がないとおすすめしないからね。

その大きな理由は成分にあります。
まず知っておいてほしいのが成分表の見かたです。

成分表示にはルールがあって、
配合量の多い順番に記載する必要があります。
成分表は公式ページや商品の裏に記載されていますよ!

※商品は常に改良されているので、
チェックした時期によって順番が変わっていることもあります。

例えば、パイナップル豆乳ローションの場合は、
水⇒エタノール⇒ダイズ種子エキス・・・という順です。

コントロールジェルの場合は、
水⇒イソペンチルジオール⇒グリセリン・・・という順です。

それぞれ成分の中にエタノールが配合されていますが、
これは広く殺菌、消毒、保存料の役目を果たします。
揮発性のため肌がスッとしますが乾燥することもあります。

パイナップル豆乳ローションは、
全成分の中で2番目に多く配合されているので、
敏感肌の方は刺激と感じるかもしれません。

また、全体に配合されている成分の種類を見ても、
コントロールジェルmeの方が圧倒的に多く、
肌を整える、潤す成分などが配合されています。

以上がコントロールジェルmeをおすすめする理由です。

愛莉愛莉

もちろん私もコントロールジェルを使っています。
肌への負担は感じませんし、
確かに顔の産毛が薄くなっています。

私の場合、特に頬と口周りが気になってたので、
軽く剃ったあとに抑毛ローションを塗っています。
美容成分が入っているので化粧水代わりにもなりますよ。

>> つるピカのお肌に 話題のムダ毛対策ジェル

いかがでしたか?
除毛クリームは便利だけど、
顔には使わないほうがいい理由を
理解していただけましたでしょうか?

AさんAさん

なるほど!よくわかりました。
配合されてる成分の数がずいぶん違いますね!
あれこれ言っててもムダ毛は減らないから、
まずはお試し価格で購入してみますね!

「チオグリコール酸Ca」が入っているものは顔にはNG!
商品の裏面に記載してありますので、
これだけ覚えておいて下さいね!