コントロールジェルは男性に効果ある?脱毛より抑毛が自然!

コントロールジェル 男

コントロールジェルって女性とか子供向けの抑毛剤のイメージですが、
男性にも効果があるのをご存知でしたか?

男性だってムダ毛に悩んでいる人は多いし、
毛の濃さがコンプレックスになっている人も多いですよね。

実は男性のほうが毛が濃くて量が多い分、
抑毛効果も感じやすいようです。

早い人は1ヶ月くらいで効果を感じる人もいるようですよ。

男だから脱毛じゃなくて抑毛がちょうどいい

手や足の剛毛が気になる人でも、
女性のように「全く毛が無い」というのも落ち着かないはず。

  • 毛量が減ってくれればいいな
  • 指毛は目立たなくなって欲しい
  • 産毛みたいになれば自然なのだけど

と思っている人も多いと思います。

脱毛だといきなりツルツルですが、
抑毛だと薄くなるので男性にとってはむしろ自然です。

毛を剃ったりしていると、いかにも「剃りました」
という感じになりますし、伸びかけを剃るのがまた手間です。

女性は完全に毛をなくしてツルツルにしたい!と思いますが、
男性はツルツルにするよりは、毛が薄くなるくらいが、
「わざわざ手入れしてる」って感じもなくて好感持てますね。

しかも子供でも使えるくらい肌に優しいので、
顔のヒゲなど毎日剃っている場所でも安心して使いやすいでしょう。

腕や脚、胸毛に効果ある?

最近は、腕や脚、胸毛など、体毛が薄い男性が増えましたね。

自己処理する人も増えたみたいですし、
男性でも脱毛サロンに行く人が増えたようです。

脱毛サロンと言っても、1回行けばすぐ毛が無くなるわけじゃなく、
何回も通わないといけないんですけどね^^;

費用もかかるし、決められた時間に通うのがなかなか難しかったりします。

仕事があるのに、
「エステがあるんで先に帰ります」とは言えないですしねー。

予約をキャンセルしたらキャンセル料を取られたりするし、
何かとコストがかかるのがネックです。

腕や脚ならカミソリで剃ってしまえばすぐですけど、
伸びるのも早いので、いつも剃らないといけない羽目になります。

それに頻繁にカミソリで剃ると、カミソリまけしたりと
肌のダメージも意外と大きいんですよね。

コントロールジェルMEなら、最初は頻繁に剃って→ローション塗って
を繰り返しますが、だんだん毛が生えにくくなるので、
剃る頻度がどんどん減っていきます。

何日かに一度くらいだったのが、週に一度でよくなり、
2週間空けても気にならなくなります。

生えるスピードも減りますし、本数も減るし、
1本1本が薄くなって行きます。

相乗効果でだんだんムダ毛が目立ちにくくなってくるんですね。

体験談の口コミを見ると、「腕や脚のムダ毛が目立ちにくくなった」
という意見はちらほらありました。

胸毛を試した人の口コミが見つけられなかったんですが、
腹毛はかなり薄くなっていた人をみかけました。

腕や脚、お腹などは自分でも塗りやすいので、
しっかり塗れば効果を感じられるはずです。

男のヒゲも抑毛できる?

コントロールジェルMEを塗リ続けていると、
少しづつ毛が伸びるのが遅くなってきます。

毎日剃っていた人でも、週2~3回でよくなるくらいまで
減ってきます。

しかも、指で引っ張ると抜けるくらいまで
毛を細く弱らせることができるとのこと。

毎日、ひげ剃りしなくていいなんて、嬉しくないですか?!

とはいえ、女性みたいに産毛になるほど見えなくなる…
とまではいかないようですが^^;

でも、脱毛サロンや家庭用脱毛器でヒゲを抜くのも
やっぱり痛いらしいです。

腕や脚と違ってデリケートな「顔」に
しっかり生えていますよね。

しかもヒゲって意外と太いので、
抜くとかなり痛いのは想像出来ると思います。

しかも抜くとなると、本数も多いのでかなり大変です…。

そう思うと、抑毛ローションで毛を生えにくくするのは
ヒゲ対策としておすすめです。

毎朝のひげ剃りの後にコントロールジェルを
アフターシェーブローション代わりに塗れば
保湿効果にもなって一石二鳥です。

夜もあえてお風呂でヒゲを剃って、
ローションを塗って寝ればバッチリですね♪

コントロールジェルの効果を高めるには?

抑毛効果が高いコントロールジェルMEですが、
生活習慣や環境によっては効果が出にくくなる場合もあります。

毎日ローションを塗るとか、お風呂上がりに塗るというのは
基本的なこととして、ストレスを溜めるのは要注意です。

というのも、男性ホルモンが活発になると
ヒゲが伸びやすくなります。

実は強いストレスを感じているときや、ストレスが蓄積すると
男性ホルモンが多く分泌されて、ストレスから見を守ろうとします。

これは身体の正しい防衛反応なのですが、
男性ホルモンが強くなることで、コントロールジェルMEの効果が弱まり
ヒゲが伸びやすくなる可能性があるんですね。

日々仕事をしていると、ストレスを無くすのは難しいと思いますが、
定期的にリフレッシュして、少しでも減らしていくのは効果的です。

その他、睡眠時間が減ったり、疲れが溜まったりしても
身体を守るために男性ホルモンが分泌しやすくなります。

普段から睡眠時間を確保するよう工夫したりして、
疲れをためない生活習慣を心がけるようにしましょう。