顔の産毛の処理はどれがベスト?自己処理はダメージに要注意

顔 産毛 処理

顔の産毛の処理をするとき、
どんな処理が一番良いのか悩みませんか?

鼻の下がヒゲみたいに濃くなったり、
眉間の産毛が濃くなって眉毛がつながりそうだったり、
部分的に気になる人も多いんじゃないでしょうか。

また、産毛が長くて顔を近くで見られると
変に思われないかと気になってしまうかもしれません。

処理方法もいろいろあって悩ましいところ。

コントロールジェルmeは、 顔などの敏感な皮膚のムダ毛を、 極力肌に負担なく薄くしてくれる商品です。 ⇒コント...

 

カミソリも上手に使わないと傷つけそうで心配だし、
プロに頼むほど濃く生えているわけじゃないし…と思うと
どうしたら良いか悩みますよね。

また、今まで顔の産毛処理をしてこなかった人にとっては、
「顔の産毛なんて目立たないし大丈夫!」と
思っていることと思います。

ですが、実は産毛を処理することには、
メリットがいっぱいあるのをご存知ですか?

そんな顔の産毛処理のメリットと、
おすすめの処理方法についてご紹介したいと思います。

顔の産毛処理のメリット

化粧ノリが良くなる

顔の産毛処理の一番のメリットは、化粧ノリが良くなることです。

顔の産毛は肌を守ってくれていますが、
ファンデーションなどメイクをするときには邪魔な存在です。

ファンデやチークを塗っても、
産毛のほうにもたくさん付いてしまうので、
肌についた部分は残っても、
産毛の部分は時間が経つと早く取れやすいのです。

顔の産毛処理をすると、そうした化粧ムラがなくなるので、
メイクをしてもピタっと密着して崩れにくくなります。

また、毛を剃ってツルツルにすることで、
光を反射してツヤが増し、陶器のような肌になれます。

肌が明るくなって透明感が増す

メイクをしていない素肌でも、産毛でくすんで見える肌も
剃ることでワントーン明るくなったように見えます。

毛が無くなることで洗顔料がしっかり肌に付くので
皮脂の汚れ落ちも良くなって、毛穴の詰まりが減って
ニキビなどもできにくくなります。

自分で産毛を処理する方法

カミソリ

顔の産毛処理をカミソリで行っている人は、
多いのではないでしょうか?

一般的に顔用のカミソリが使われますが。
手軽にできる分、正しく処理しないと肌を傷つけたり
シミやシワの原因になることもあります。

カミソリを使う場合は正しい処理方法で行いましょう。

男性のヒゲ剃りのようにT字カミソリを使う方も多いですが、
女性のお肌にはI型のカミソリが良いです。

電気シェーバー

電動シェーバーはカミソリよりも刃が直接肌に当たらないので
肌のダメージを防げます。

肌に刃が当たらないので、
肌を削るリスクも少ないのがメリットです。。

ただ、肌に当たらない分、毛が少し残った状態になるので、
カミソリよりも、毛が伸びてきたときに目立ちやすくなりますね。

カミソリで処理するならば、
なるべく電気シェーバーにしたほうが肌には良いでしょう。

抑毛剤

抑毛剤は毛を抜くのではなく、
毛が伸びるのを抑える方法です。

毛自体が無くなるわけではないのですが、
使い続けるにつれて、毛が細く薄くなっていくので、
目立たなくなっていきます。

毛を抜いてしまうと、次に生えてくる毛が濃くなるかも…
と心配な方にとっては、自然に目立なくなるので安心です。

また、抑毛剤は肌に優しい成分を使っている物が多く、
化粧品感覚で普段使いできるのも良いところ。

肌にダメージを与えないものが多いので、
敏感肌など肌の弱い人も使えるのがメリットです。

顔パック

顔をパックして剥がすときに毛を取るのが、
パックタイプの脱毛です。

産毛が抜けるほどなので、かなり密着してはがれるため
毛穴の角柱も一緒に取ることができるのがメリットです。

ただ、乾かしすぎるとはがすときに痛みを感じたり、
肌の表面の角質を取りすぎたりするので要注意です。

またカミソリのように、肌の表面を薄くはがすので、
頻繁にやりすぎると肌が乾燥するので気をつけましょう。

ワックス脱毛

ワックス脱毛はアンダーヘアなどでよく使われる脱毛方法ですが、
顔に使用することも可能です。

ハードワックスとソフトワックスがありますが、
顔にはソフトワックスを使いましょう。

ワックス脱毛は毛根から毛を抜くので、
次に生えてくるまでの周期が長いのがメリットです。

カミソリやシェーバーだと表面の毛を切っているだけなので、
皮膚の中でまだ見えていない、毛根からの毛がすぐ伸びてきます。

一方、ワックス脱毛は見えない部分も抜いているので、
頻繁にお手入れする必要がなくなるのが良いですね。

シート状になったものが多いです。

ただ、強い吸着力でひっついたものをはがすので、
肌にダメージがかかりやすいです。

肌の弱い人などには向かないでしょう。

やってはいけない自己処理法

毛抜き

1本1本毛抜きで処理するのはおすすめしません。

毛を引き抜くときにうまく力が入らないと、
毛穴を傷めてしまいます。

また、短い毛を抜こうとしたときなどにも、
毛穴に強い力がかかってダメージを与えてしまいます。

毛穴や肌についた傷から雑菌が入って
炎症を起こすこともあるので、
毛抜をつかうのは控えましょう。

除毛剤

除毛剤は毛を溶かして無くしますが、
毛が溶けるほどの薬剤ですので、刺激も強いです。

腕や脚なら問題ないですが、
顔に使うのは控えたほうが良いでしょう。

プロに任せる処理方法

レディースシェービング

理容室などで行ってもらえるレディースシェービング(顔そり)
は手軽な処理方法でしょう。

自分でカミソリで剃るのと違って、力加減や剃る方向など
熟知した人が剃ると仕上がりも肌のダメージも違います。

カミソリを使うので、肌ダメージが無いわけではないですが、
自己処理よりは格段に安心で良い方法ですね。

フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛は光脱毛とも呼ばれて、
エステなどで一般的な脱毛方法です。

クリニックで行われている医療レーザーよりは
効果は弱いですが、ダメージも少ないです。

医療レーザー脱毛

美容クリニックや皮膚科で行ってもらえる処理方法で、
自己処理が不要になるほど脱毛効果も高いです。

ただ、レーザーを照射するので赤みが出ることもあるので、
クリニックで相談しながら行うと良いでしょう。